施術できないタトゥーのデザインがありますのでご注意ください

■タトゥーデザインについて

2016年10月1日よりタイの伝統タトゥー、サクヤン、オリエンタルデザイン、アジアンデザイン、アーティスティックタトゥー専門になりました。専門化するに伴いご新規の方に対して以下のジャンルのタトゥーの施術は行っておりません(過去にご利用された方は要相談)。

1.和彫り(額ありのもの)
※和のモチーフ単体をジャパニーズテイストでという作品は可能

2.トライバルタトゥー
※ポリネシアン、サモアン、ボルネオ等意味のある民族トライバルは可能

3.流行り文字、キラキラ系、厳ついデザイン等のいわゆる輩、オラオラ系、ヤンキー、マイルドヤンキー層が好みそうなタトゥーデザインなど

以上、上記に当てはまるタトゥーは施術できません。3番目のタトゥーに関しては線引きが難しいのですが、当方の判断になりますのでご了承ください。以前ご利用になられたお客様はご相談の上でということになりますので、お問い合わせください。また以下のタトゥーも施術できませんのご了承ください。

・カラーを多用したデザイン
・グロテスクなデザインは施術できません。
・男性の下半身(臀部、股間周辺等)の施術はお断りしております。