最新ニュース

まん延防止等重点措置解除に伴う営業再開について

広島県に適用されていた「まん延防止等重点措置」が36日をもって解除されます。解除に伴い37日営業を再開いたします。適用期間中施術を予定されていたお客様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしました。ご協力に感謝したします。

営業再開にあたり、まん延防止等重点措置の延長が決まった18都道府県にお住いのお客様についても基本的にご予約を受け付けます。ただ依然として新型コロナウイルスの感染者は高止まりで移動の感染リスクを伴いますので、お急ぎでない方やいつでもお休みが取れるというお客様は解除予定の321日以降のご予約、また感染減少が予想される4月以降のご予約をお願いできればと思います。

なおご新規のお客様はWEBサイトに記載しております注意事項およびサクヤンルールを必ずお読みのうえご予約をお願いいたします。ファッションでカッコいいからという理由で希望する方への施術は断りしておりますのでご注意ください。以下最後までお読みください。

あらためましてサクヤンはタイのアニミズム(精霊信仰)と原始仏教信仰のヤントラを肌に彫るというものです。タトゥーと違うところは彫り終えたあとにカタやプラパリットという護呪を唱え、その呪いをナムマンプライという聖オイルで封じ込めるという点です。この一連のセレモニー(儀式)を行いはじめてサクヤンというお守りの効力が発生するのです。

ざっくりいうとサクヤンは護呪を肌に刻むという行為です。写真のナムマンプライという聖オイルの中には黒と白の人形が入っていて悪行には呪詛が、善行には祝福が与えられます。呪か祝かはあなたの行為次第。つまりサクヤンルールを守らなかったり悪いことをすると呪いがかかり、善い行いをすると祝福され護られるというもの。したがってタトゥーという概念で、またはファッションで彫るものでないと考えています。ルールを守れない人にはサクヤンを施術できないというのは上記の理由からです。サクヤンを施術するのは仏教の哲学を理解し善行する人にだけということをご理解いただければと思います。私はサクヤン原理主義を根幹としたサクヤンを彫っておりますで、タイのバンコクおよび近郊で彫られる観光サクヤンとは違うということもご理解いただければと思います。